会いに行けるセネガル

国際協力の夢を追いかけてセネガルに来た「元・意識高い系大学生」が、理想と現実の間で奮闘するブログ。

セネガル地方隊員の家を公開しよう。

セネガル地方隊員の住居を公開します。

青年海外協力隊の隊員がどんなところに住んでるのか、気になりませんか?

僕の場合、青年海外協力隊の合格が決まってからの間、どんなところで生活するのか大変気になって、いろいろと情報を調べていました。やっぱり住環境って大切。

今回はセネガルの田舎町で生活する僕のお家を紹介します。

外観

まずは外観からどうぞ!

f:id:ykujime:20171009020705j:plain

最初に見た時の印象は「ボロっ!」でした。これでも、任地で暮らす平均的なセネガル人と同程度の家です。贅沢言っちゃダメですね。

家全体が中で2つにわかれて、私は左半分で生活しています。ちなみに右半分には出稼ぎに来ているギニア人が生活しており、まさに現地人並みの家。

屋上に作物が見えますが、これは勝手に自生しているだけで、屋上へのアクセスはありません。最初屋上あると思ってワクワクしたんだけどなあ。

内装

続いて内装をご紹介。3つの部屋があります。
2部屋を仕事部屋、寝室として使っていて、もう1部屋は物置になっています。

仕事部屋

こちらが仕事部屋。

f:id:ykujime:20171009020358j:plain

引っ越してきた当時の写真なので何も物がないですが、普段はここにパソコンや本を置いて作業しています。机と椅子は、町の職人に依頼して作ってもらったもの。家に帰って、寝る以外のほとんどの時間を過ごすので、道具にはこだわりました。笑

また、この仕事部屋は調理場もかねています。調理するときは、机をキッチン替わりに利用しています。調理用のガスボンベを室内に置いているので、そのまま調理してそのまま食べるスタイルですね。

寝室

そしてこちらが寝室。

f:id:ykujime:20171009020710j:plain

中途半端に広く、蚊帳を壁に固定できず、スーツケースで固定しています笑

3つの部屋のうち、唯一床がタイル貼りで、はだしで歩けます。また、唯一鉄製の扉でできており、安全面からもこの部屋以外で寝るのは、難しい状況です。

この部屋の難点は奥側の窓が通りに面してしまっているということ。外の音がうるさかったり、窓を叩かれたりします。あと、たまに視線を感じます。

f:id:ykujime:20171009020701j:plain


任地に来た当初は、ずっと子どもたちに窓の外に張り付かれ、落ち着かない日々でした。。途上国の田舎町で数少ない外国人として暮らすってことは想像以上に大変。
フライデーに追われる芸能人の気分が少しわかりました。

シャワー・トイレ

シャワーとトイレは家の外にあります。部屋を出て謎の植物をかきわけて、奥の方へ進必要があります。当たるとトゲがチクチクします笑

f:id:ykujime:20171009020651j:plain

そしてこの先にシャワーとトイレ

f:id:ykujime:20171009020655j:plain

シャワーは上から降ってくるものの、お湯は出ません。気温の高い日中に浴びる文には問題ないのですが、朝晩だと水が冷たく感じたりします。夕方以降になると蚊が大量発生したりで結構困りもの。

トイレはいわゆるトルコ式というもの。セネガルで一般的に普及しているタイプです。外にあるので、雨季の豪雨のときはトイレに行けなかったりするのはつらい。。

家賃

この3DKでお値段はなんと日本円にして1万2千円ほど。ちなみに今現在セネガルにいる隊員の中では最安値の家賃です。首都の隊員だと3万円を超える良いお家に住んでたりします。

しかし、セネガル人に言わせると、この家賃でも高すぎるとのこと。やはり外国人として契約している以上、いくらかは相場よりも高く請求されているようです。

最後に

セネガルの田舎のお家、いかがだったでしょうか。

僕はこれまでの8か月間、この家で生活してきました。
「住めば都」なんて言葉は嘘。終始、生活が大変でした。笑

セネガルにはボランティアに来てる訳で、贅沢しに来てる訳ではありません。そういう気持ちは日本に置いてきたので、何とか順応して住むことができました。

そして実はそんな家との生活も終わりを告げました。同任地の先輩隊員が帰国し、先輩の住んでいた家に移ることになったのです。それがこちら。

f:id:ykujime:20171009191659j:plain随分と快適度が上がりました! 今度はお家賃約2万円。

f:id:ykujime:20171009191655j:plain

塀もあるので、覗かれる心配もありません。笑

結局、隊員がどれくらいの家に住めるのかってタイミングと運次第だったりします。
以上、セネガルのお家紹介でした!