会いに行けるセネガル

国際協力の夢を追いかけてセネガルに来た「元・意識高い系大学生」が、理想と現実の間で奮闘するブログ。

意識高い系

僕が本気で英語学習を始めるきっかけになった屈辱的な2つの経験

英語の勉強を始めるきっかけになった2つの体験を紹介します。屈辱はいつだって最高のモチベーション!

10年間僕を支え続ける高校時代の恩師の言葉2選

セネガルに来て苦労すると、いつも思い出す恩師の言葉2 つ。高校を卒業して10年経った今でも大切にしています。

相談相手を決める時点で、自分の答えは決まっているという話。

僕は青年海外協力隊を受験する際に、何人かの友人に相談しました。でも、振り返ると相談する前に自分の中で答えは決まってたんだと思います。

父に協力隊参加を打ち明けた話。

僕は、とても厳しい家庭で育ちました。子どもの時は、父親が鬼のように怖かったです。そんな僕が、初めてレールを外れ、父親に協力隊参加を打ち明けたときの話。

セネガルで「仕事ができない人」になって気づいたこと。

「セネガルに来て、「仕事ができない人」になって気づいたこと。仕事ができないのは、いるべき場所が違うからだということです。

僕が初めて海外に行くきっかけになった話。

初めて海外に行くきっかけとなった、友人が背中を押してくれた話。